沖縄の消費者金融で借りたいさー|借人(かりんちゅ)

無職でも借りれる消費者金融の噂、でも借入には仕事が必須では?

ココだけの話、無職でも借入ができる消費者金融があるって噂を聞きました。ですが、借入には仕事が必須ですよね?これってどういうことなんでしょうか。それともただの噂ですか?

どこからも収入のない無職にはだーれも貸してくれませんよ

無職の人が消費者金融で借り入れができるって?そんな噂どこから出てきたんですか?!フツーはというか、絶対返済能力のある人にしか貸さないでしょ。あなたの言うとおり、借入には仕事が必須条件です。万が一、インターネットで消費者金融を探していて、無職・消費者金融で検索したり、消費者金融で検索していた時に「無職の人でも」とか「ブラックの方歓迎」などの一文がある場所へは足を踏み入れないようにしましょう。

闇金融の可能性が高いと思われます。闇金融はグレーゾーン金利撤廃などの施行後、存在しないと思われている消費者もいるようですが、いまでも存在します。ホームページでの大々的な呼びこみはしていませんが、小さく目立たないように営業している所もあれば、ネット上に携帯電話番号のみを出している所もあります。お金を借りたい病にかかっている人は、どんなところにでも借りに行きたい、貸してくれるならどんなところでもいいという貪欲さがありますので、引っかかってしまう消費者は後を絶ちません。

ですが、中には小規模消費者金融で、破産宣告してしまったが、あと少しで信用情報も消えるくらいの年数が経っていて、今は借りられるところがないとか、無職だけど来月からバイトをすることに決まっている等のように前向きな消費者には融資をしてくれる所もあります。ブラックに貸し付けるイコール闇金というわけではないんですよね。しかし、そこの見極めが消費者にできるかどうかは個人次第です。

たとえば、返済能力の確認のためにそちらから「○万円を振り込んで下さい」と言われたら、それは詐欺です。常識的に考えて「変かも?」「変だな?」と思ったら、そこからは手を引きましょう。1万、2万と振り込むうちに、ずるずると変な方向に引きずり込まれていきます。悪いことをしようとする人は、どんな手でも使います。そして、お金を貸してもらいたいと思っている人は、どんなに妙なことでも信用してしまいがちです。

普段なら気がつくのに、あのときだけは○○だったから…。というのが騙される人の常套句です。心理的には、愛情に飢えている人がお金を渇望しがちです。お金は愛情以外の何でも手に入れることができるツールですから。なんなら、偽の愛情まで手に入りますよね。お金を払えばホストが喜んだり、キャバクラの人が手を握ってくれたりします。社会の人間関係もごちそうすればついてくる人がいるのと同じです。

騙す方も騙される方も愛情に飢えた人たちなんですよね。愛が誰からももらえないために、その穴埋めにお金やスリルを味わおうとします。この関係こそ、スリルを味悪側が騙す側。お金で穴埋めする側が何としても借金をしたい側です。双方には依存関係がありますから、これらのつながりが社会から消えることはありません。自分が社会のどのポジションに居るか、冷静に見つめられる人でありたいですね。

無職でも借りれる消費者金融は存在する?法律との関係とは

無職の人は、基本的にはお金を借りることはできません。それは、審査の際に返済のあてがないと判断されるからです。しかし、職がないというだけで不動産収入や年金収入があったりすると、お金を借りることができる場合もあります。それから、配偶者に収入がある専業主婦や専業主夫も借り入れができます。

しかし、消費者金融で配偶者の収入をもとにお金を借りる場合、配偶者の収入証明書であったり同意書であったりが必要になります。つまり、配偶者に知らせずに自分で借りることはできなくなったということですね。しかし、以前は専業主婦や専業主夫は自分で借り入れができていたんです。それが、法律が改正されたことによって事実上自分での借り入れは不可能になりました。

改正された法律というのが貸金業法と呼ばれる法律で、貸金業者はこの法律に従って営業を行っています。その中に定められている総量規制という決まりが無職の専業主婦や専業主夫の借り入れをできなくするきっかけになりました。この規制のことはご存知の方も多いかもしれませんが、簡単に言えばその人の収入の3分の1までしかお金を貸し付けることができないという決まりです。

つまり、もともと収入がない場合、3分の1までにしてもやはり0になってしまうことから、借り入れができないことになります。狙いとしては借金を繰り返して生活苦に陥る人を無くす目的で制定されたものですが、その結果としてこれまでに借り入れをしていた人が借り入れをすることができないということも出てきました。

もともと無職で収入がない人が借り入れをするのは審査の関係で難しかったのですが、法律が改正されたことで法律の定めからも無職で収入がない人の借り入れができないとはっきり決まったということです。ただし、この法律は先ほども言ったように貸金業者が守るべき法律なので、銀行のカードローンはこの制限を受けません。

そのため、専業主婦や専業主夫の人は、銀行のカードローンで専業主婦・専業主夫でも使えるとされている商品を利用すれば、自分で借り入れをすることも可能です。それ以外の無職で収入がない人は、残念ながら消費者金融よりも審査が厳し目だと言われている銀行のカードローンを使うことも難しいでしょう。

以上のように、消費者金融では無職で収入がない人がお金を借りられないことには、貸金業法という法律が関係しているのです。

思った以上に楽に借りれて助かった!

大事な友人と久しぶりに会った時に、ついつい会話に花が咲いてしまい、終電を過ぎる時間になってしまい、結局泊まり、翌日そのままアルバイトに行くことになってしまいました。お金はほとんどなく、通帳も空っぽでした。

着替えがないし、ちょっと嫌だなぁと思っていたのですが、カードローンを使えるようにしていたことを思い出しました。インターネットで申し込みをしていて、カードが届いて財布にしまっておいたのでした。

それまでカードローン使ったことがなかったのですが、コンビニATMで思った以上にかんたんに借りれました。嬉しくなり、つい夜食まで買い、さらに朝方まで話し込んでしまいました。いざという時に、カードローンがとっても便利だなと実感しました!

出産祝いのお返しが無事できました

初めての出産だったせいか、友達はもちろんのこと、会社関係や近所の人までお祝いをしてくれたことは嬉しかったのですが、お祝い返しが必要だと知ったとき焦りました。

いくら半返しとは言え、数が多いのでお金もそれなりにかかります。産休中で自由になるお金はさほどありません。かといって返さないわけにもいきません。

とにかくお金を何とかしようと考え、「ネットで簡単キャッシング」を見つけ、申し込むことにしたんです。家から一歩もでずにキャッシングできて感激しました。お祝いしてくれた人たちへお返しができて安堵しています。

オークションのレア物を借入でゲット

いつも、ネットのオークションを利用しています。大抵は、そんなに高額なモノを買わないので、自分の小遣いの範囲でやっているんですが。今回、発見したレア物は流石の高級品でした。結構な金額がしたんですよね。

あ、オークションでいつも買ってるのは、海外の映画で使用された小道具です。日本では出回ってない物が、海外のオークションサイトだと時々出てくるんですよね。

とにかく、お金が必要だった自分は、同じネットでカードローンを探しました!まさか、こんなに簡単にお金が借りられるなんて思っていなかったです。普通に夜に申し込んで、次の日の昼にはお金をゲット出来ました!急なお金の必要な時に、これからはもっと利用しようと思いましたよ。